「電子黒板、4K化加速=来月から3機種投入-シャープ」を見て、思うこと。頑張れシャープ!

シャープの強みはやっぱり、液晶関係かなと思いました。
一時はどうなるのか、倒産かと思う時期もありました。

シャープは、「目の付け所がシャープでしょ」や「ガラパゴス」といった印象がありました。
元々、ペンシルから大きくなった企業だけに、抱えている企業の社員のことを考えると、つぶれてほしくなかったです。

この会社、本社は大阪なので、商売っ気が良い意味であるというか、最後まで、あきらめないというか、勿論、良い意味です。大阪根性は「おそるべし」です。

目の付け処がシャープなだけに、あっちにも手をだし、こっちにも手を出し、これまでは、事業の選択と集中が上手くいっていなかったのではないかと思いました。
液晶に強みを持っていることは非常に良いことだったけど、後ろから追っかけてくる海外企業に負けない様にするには、次から次へと、そこに関わる付加価値を上手く付けて、一般ユーザーに良いと思われることが重要なんですね。
「大型電子黒板」「4K液晶パネル」「折り畳めるパネル」がユーザー、コンシューマに受け入れてもらえることを願っています。これまでは、何か、本社の処が雰囲気暗いなという印象があったので、関西の元気企業になってもらえると嬉しいです。

ここ、5年、10年の株価をYahooファイナンスで見てみると、株価は底値にはありますが、株価1000円は切っていないので、底力は残っているという印象を持っています。
もう、数10年前から、シャープの製品は好きだったので、幾つか、家電は使っていますし、故障の経験もないので、技術優良企業であることは間違いないですね。どうやら、技術的には「目の付け処はシャープでしょ」は当たっていますが、世界企業、国内企業との競争、即ち、経営マネジメントについては「目の付け処はシャープではなかった」という感じではないでしょうか。

昔で、国内企業と競争しているだけで良ければ、「技術一番」で良かったかもしれませんが、今の世の中、グローバル化が進み、外国製品がやたらに増えだすと、人件費や外国企業の頭の良さ、スピードで戦っていくには、すごいパワーが必要なんですね。

頑張れ関西企業!。頑張れニッポン!

はやぶさ2とリュウグウに思いを馳せつつ、僕と妻の距離に気づく

はやぶさ2が、リュウグウにクレーターをつくる実験に成功しました。

元々、子どもの頃から宇宙モノは大好きで、プラネタリウムに通ったり、スターウォーズに夢中になったり、宇宙の本を読みふけったり・・・
そんな元・宇宙少年の僕にとっては、はやぶさ2の活躍は気になるニュースの一つです。
2月にリュウグウに着陸するというミッションが実施された時も、その日は仕事そっちのけで(いや、仕事はちゃんとしてましたよ!)、朝からそわそわしていました。
「あの狭い面積に本当に着陸できるのか!?しかも遠く離れた宇宙で・・・」と。
でもJAXAのチームは見事やってのけました。本当に、見事と言うしかありません。

そして今度はクレーターですよ!
一昔前には想像もできなかったような、すごいミッションです。
だって、2億8千万kmも離れた地球上から探査機に命令を飛ばして、重さ2kgの球を弾丸のように(秒速2km!)小惑星にぶつけ、クレーターを作るというのですから。
まるでSF映画の話みたいですよね。

今後、はやぶさ2は、自分が作ったクレーターに着陸し、物質を採取する予定になっています。
そこにどんな物質が見つかるのでしょうか。
地球の生命の謎に迫る発見があるのでしょうか。
わくわくが止まりません・・・!!

テレビを見ながらそんなことをブツブツ呟いていたら、妻に呆れられてしまいました。
「何がそんなに面白いんだか」
「そんなとこにクレーター作ったからって、うちの家計が楽になるわけじゃないでしょ」
と。

結婚前は、一緒にプラネタリウムを観に行って、暗闇の中でこっそり手を繋いだりして、キュンキュンしてた僕ら・・・。
今となっては僕らの距離は、地球とリュウグウよりも遠く離れてしまったようだね・・・。

なんてことを遠い目をして言ってみたけど、もはや相手にもされませんでした。切ない。
でも、はやぶさ2も、はるか彼方の宇宙で頑張っています。
僕も、がんばりますか!

バス車内の座席を巡るトラブルの動画をワイドショーにて視聴しました

休日の遅めの昼食としてシリアルに牛乳をかけて食べながら、ぼんやりテレビのリモコンを操作しチャンネルを変えていると、バス車内の座席をめぐり、男性の老人が一人掛けの座席に座っている子供の横に割り込んで無理やり座ったというニュースを見て、驚いてしまいました。
なぜか動画も配信されています。

多くの乗客が乗っており、ところどころ、隠してあるので状況は見づらかったのですが、明らかにお母さんとみられる女性と高年の男性が言い争いをしています。
優先席だったのかどうかは、このニュースでは分からなかったのですが、公共機関の席の譲り合いというものは難しい問題だなと思います。

人間の価値観に委ねられているところがあるので、こんなアクシデントが頻繁に発生するのであれば、大ごとになる前に細かなルール作りを急がねばならないのかもしれません。
例えば子供用優先席はこの部分とか、老人用はこのエリアとか、いっそ、乱暴ですが座席を失くしてしまうのも方法かもしれません。
その場合は老人限定バスや障碍者用バスというのも成立させないといけなくなるのかななどと、食事をしながら考え込んでしまいました。。

ただ、このニュースに関しては男性のお年寄りの対応に相当批判が集まったようです。
ほんの少しの寛容性があれば、何事もなく終わった件だったように思います。

先日、発表された世界の国の幸福度で日本には他者への寛容性が乏しいという記事を思い出し、なんだか納得してしまいました。
自分も地下鉄に乗る機会は頻繁にありますが、譲る譲られるといった状況を見る機会って、最近は減少してきたように感じられます。
自分も含めて他人に無関心です。
あるいはかかわりを避けているようにも感じられます。
面倒なことに巻き込まれたくといった、わが身可愛さが横行しているのが、この国の有りようだなと実感させられた昼下がりです。

日産とカルロスゴーン

カルロスゴーンが4回目の逮捕となりました。
国外からは日本の検察の手法に対する疑問の声もあるようですが、このカルロスゴーンの権力をかざし、日産を食い物にしたようなやり方には、本当に聞いていて気分が悪くなります。
これほどお金に対して強欲な人間というのはそうそういないのではないでしょうか。

あれだけの報酬をもらっておきながら、それでもまだ足りないとばかりに、子どもの大学資金を出させたり、豪華クルーザーを購入したり、その陰で多くの日本人従業員はぎりぎりの生活を強いられているわけです。
またカルロスゴーンが日本に来た時には、多くの従業員の首が切られたわけです。

従業員の首を切り、痛みはわかるなどと言っていたはずですが、自分は数十億円のの豪華クルーザーを購入している。
そのお金があれば、いったい何人の従業員の首を切らずに済んだことでしょう。
これが世界のトップたちの常識と言われることもあるようですが、その常識自体がおかしいのではないでしょうかね。

早く裁判が始まってほしいところですが、時間がかかるものですね。

そもそも、このような事態を招いたのは、日産にも問題があるわけです。
GT-RやフェアレディZなど、世界に誇る名車を世に出しながら残念です。。

ただ、世界の自動車メーカーがタッグを組むのは、他のメーカーでも当たり前になってきているので、今後ルノーと日産と三菱と3社で、お互いにメリットがある正しいパートナーシップを築きあげてほしいものです。
そして、魅力的な車を作ってほしいものです。

日産ノートはよく売れているようですが、個人的には、それほど魅力を感じません。
トヨタがスープラを復活させたように、シルビアなどを復活させたら話題になるでしょうね。